2018/01/11

仕事で嫌いなモノを好きだと言わなければならなくて辛いあなたへ

P3310028

チョコレートが嫌いなのにチョコレート専門店で働いている方
車なんて乗れればよいと思っているのに高級車販売店で働いている方
など、自分自身が興味などないけど、仕事だから働いている方も多くいらっしゃいます。

と、過去の相談例として実際にあったお話を・・・
新卒で大手銀行に就職をした女性のみきさんお話です。

みきさんはその銀行で最高のサービスを提供して、より多くの方に銀行の良さを伝えより多くの方が幸せになっていただきたい。
と、思って就職しました。
しかし、配属されたのは投資信託を専門に販売する部署でした。
みきさんは投資信託というものが何かわからずに配属され、勉強をすればするほど、会社が販売強化する商品はそれほど良いとは思えない商品だったのです。
そして、なぜ、その商品を会社が販売強化するのかという理由は会社への手数料が他の投資信託と比べて大きく、簡単に言えばお客様の利益第一ではなく会社の利益が第一の商品だったのです。

しかし、現実には毎日、その商品を売らなければならない日々が続いていました。
そして、ストレスは増えていき、仕事へのやる気はどんどん失っていったのです。

さて、あなたならどうしますか?
会社を辞めますか?
もちろん、それも一つの考え方です。

ただ、それでは誰も幸せになりません。
みきさんは会社に就職した理由は銀行の良さを知ってもらい幸せになってもらいたいでした。
この幸せになるの中にはお客様はもちろん、会社で働く自分自身や仲間の存在もあるのでないでしょうか?

お金がすべてではありませんが、お金で感じる事ができる幸せがあるのも事実です。
そのお金で感じる事ができる幸せを銀行は提供しているのだと思います。
そして、そこで働くみきさん自身も、その幸せをお客様が感じた分の報酬をいただき自分も幸せになる。更には自分がお客様に提供した幸せを独り占めするのではなく他の同僚などと一緒にお金で感じる幸せを共にすることによりより多くの方に幸せになってもらうことだと思うのです。

と、考えた場合にみきさんが仕事を辞めたら誰も幸せになりません。

では、どうすればよいのでしょうか?

私はこう考えます。
会社としては利益がなければ存続が難しいので利益を考えるのはごもっともですが、その商品を売る事の利益であっても、他の商品であっても同じ利益ならば問題はないはずです。
1万円は同じ1万円なのです。
つまり、みきさんが他の自分が良いと思う商品をお客様に売り、会社が勧めた商品と同じ利益を会社に提供すればよいのです。

もちろん、利益率という問題で難しい点もあるかと思います。
しかし、同じ利益さえ会社に提供すれば会社としても文句は言えません。
つまり、お客様にはみきさんが良いと思う商品を提供する事により幸せになっていただきます。また、その手数料を得る事より会社は利益を上げる事が出来ますので会社としても目的が達成できます。そして、その商品を売ったみきさん自身も幸せで、会社に利益を貢献できた満足感も得ることができます。

こういったように自身の幸せと周りの幸せを考え妥協できる点を考えていけば仕事を辞める事なく楽しく続ける事が出来るのではないでしょうか?

もちろん、売りたくない商品を売り続けた時に比べて問題は多く考えられると思います。
ただ、その問題を解決していく力というものはあなたの物になり、あなたの未来に必ず役立ちます。
今だけを考えて行動するのではなく未来の自分を想像して、いろいろな事にチャレンジしていく、そんな事で今の仕事を楽しむ事もできると思いませんか?


こんな事を言っても自分は何もできないし、無理だ。
そんな事をおもってしまうあなたはとても疲れています。
ゆっくりと休んでください。
そして、休んでも気持ちが変わらない、そんな時は医療機関へ行かれる事をお勧めいたします。

インフルエンザになれば医療機関へ行くのと同じです。
あなたは自身の力で疲れを癒す力を出すことが出来ないくらい疲れているんです。
ただ、それだけです。

毎日、必死に仕事をされている証拠です。
プロのスポーツ選手だって休養日があるように、あなたにも休養日を作ってあげてください。
あなたの体にあったあなた専用の回復方法を医療機関で相談してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
tsutomu03580358 at 19:00│Comments(0)仕事って辛い方 

コメントする

名前
 
  絵文字